Blog&column
ブログ・コラム

空き家を放置するデメリットについて

query_builder 2021/08/22
コラム
20
放置された空き家を見たことがある方も多いと思いますが、近年この空き家問題が深刻化しています。空き家を放置することはさまざまなデメリットがあるので、できるだけ早期に対処する必要があります。
そこで今回は、空き家を放置するデメリットについて解説していきます。

▼資産価値の低下
建物は築年数が経過していくにつれてどんどん劣化していきます。そうすると自然と資産価値も下がり、売却する際に売れにくくなったり売却価格が下がったりしてしまいます。
また、空き家には害虫や雑草、カビなどが発生しやすく、空き家だけでなくその周辺の建物まで資産価値が下がってしまう可能性があります。

▼無駄な税金
誰も住んでいない空き家とはいえ、所有しているだけで固定資産税が発生します。固定資産税を軽減する特例もありますが、近隣に迷惑をかけている空き家が「危険空き家」に認定されれば減税の対象から外され、さらに税率が上がります。
また、3年以上空き家の場合は譲渡所得の課税対象となります。

▼地域の景観の悪化
空き家は廃棄物やゴミが不法投棄されやすく、ゴミ屋敷のようになってしまうことも少なくありません。そうすると地域の景観が悪くなるだけでなく、悪臭や害虫などによるトラブルが発生する可能性があります。
また、空き家は防犯機能が低下しており犯罪に使われることもあるので、地域の治安の悪化にも繋がります。

▼まとめ
空き家を長期間放置していると、周辺の建物や地域全体に迷惑をかけることもあります。
空き家の処理にお困りの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

NEW

  • 八幡西区で空き家を買取りします

    query_builder 2021/06/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • 空き家の解体費用を抑える方法について

    query_builder 2021/10/15
  • _空き家を更地にして売却するメリットとデメリットについて

    query_builder 2021/10/08

CATEGORY

ARCHIVE