Blog&column
ブログ・コラム

不動産査定で見られる項目について

query_builder 2021/11/08
コラム
30
不動産売却する前に査定をしてもらいますが、どこを見て査定額を決めているのか気になりますよね。査定時に見られる項目を知って事前に対策しておけば、高く売ることができるかもしれません。
そこで今回は、不動産査定で見られる項目について解説していきます。

▼建物の状態
建物の築年数や間取り、設備、劣化の程度などが査定のポイントとなります。建物は築年数が古いほど資産価値が下がるので、その分査定額も低くなります。
間取りに関しては、生活動線が整っているなど生活しやすい間取りであるほど査定額が高くなります。
また、よく使う水回りの設備や劣化の程度によっても査定額が変わり、最新の設備が搭載されていたりきれいな状態であれば評価が高くなるでしょう。

▼土地の状態
土地付きで不動産売却する場合は、土地の状態も査定額に影響します。ポイントが高い土地の特徴は、ある程度広さがあって正方形に近い形であることです。
いびつな形状の土地は使いにくいので、査定額が下がりやすいでしょう。

▼立地
不動産の立地も査定時に見られるポイントです。スーパーやコンビニ、駅、役所など、生活していくうえで必要な施設が周辺にあるのは高ポイントです。また、風通しや日当たりなども査定に影響します。
こういった立地が良い不動産であれば、査定額が高くなる傾向にあります。

▼まとめ
今回は不動産査定で見られる主な項目をご紹介しましたが、細かく見るとまだまだポイントがあります。
不動産査定に関するご相談は、ぜひ弊社にお問い合わせください。

NEW

  • 八幡西区で空き家を買取りします

    query_builder 2021/06/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • オシャレな売却しにくいって本当?

    query_builder 2022/11/02
  • モダンなに住みたい時に取るべき選択肢は?

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE