Blog&column
ブログ・コラム

遠方にある不動産売却する際のポイントとは?

query_builder 2021/11/22
コラム
32
遠方にある不動産を持て余している場合、売却を検討する方は多いでしょう。
しかしながら、売却のために何度も現地に足を運ぶのは難しいですよね。
今回は遠方にある不動産売却するまでの大まかな流れと、売却時のポイントについて紹介します。

不動産売却するまでの流れとは?
一般的な不動産も、遠方にある不動産も、売却までの大まかな流れは同じです。
売却したい不動産査定不動産会社に依頼し、不動産会社との契約締結後に売却活動が行われます。
不動産会社との契約は、郵送でも可能です。
買い手がついたら、売主と買主の間で売買契約を交わします。
契約書のやり取りは対面で行われるのが基本ですが、難しい場合には不動産会社に仲介を依頼することも可能です。
売買契約を経て、決済と不動産の引き渡しを済ませれば売却手続きが終了します。

▼遠方にある不動産売却する際のポイント
不動産売却にあたっては、不動産会社選びが大切です。
特に不動産が遠方にある場合は、売却したい不動産がある地域に土地勘のある不動産会社を選ぶとよいでしょう。
契約の際には、営業報告が義務付けられている専任媒介契約を結ぶこともポイントです。
営業報告には売却活動の進捗状況などが記されているので、内容もよく確認しましょう。

▼まとめ
不動産が遠方にある場合でも、売却までの大まかな流れは通常とほぼ同様です。
当社ではお客様に最適な不動産売却の方法をご提案していますので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

NEW

  • 八幡西区で空き家を買取りします

    query_builder 2021/06/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • 売却のトラブルを防ぐためには会社選びが重要

    query_builder 2021/12/01
  • 遠方にある不動産売却する際のポイントとは?

    query_builder 2021/11/22

CATEGORY

ARCHIVE