Blog&column
ブログ・コラム

高齢化社会における「」の問題とは

query_builder 2022/08/05
コラム
47
超高齢化社会を迎えている昨今の日本では、「」についてある問題が起きています。
それは「空き家」の問題です。
今回は高齢化社会と空き家の関係や、問題点についてご紹介していくことにしましょう。

▼今「空き家」が増えている
は、住む人がいなくなればその瞬間から「空き家」になります。
通常であれば、住み替えを行う時には元のを売ってから次のに移りますよね。
しかし所有者が高齢化すると売却をせずにそのまま亡くなったり、老人ホームなどに入って元のはそのままになるケースも多く発生します。
このような経緯で空き家になるパターンが近年非常に増えています。

空き家にしておくのは良くない?
空き家は、単に住む人がいないだけのですから、別にそのままでも良いのではと思う方もいるかもしれません。
しかし、は手入れする人がいないと雑草や虫がどんどん湧き、カビや雨水などの腐食によってみるみる傷んでいきます。
自然倒壊や発火などが起きる可能性もあり、そうなれば周辺のにも被害が及ぶでしょう。

空き家は早めに売却
空き家の中には、ご両親から相続したものをそのままにしているという物件も多いです。
もし空き家を所有して放置している方は、ぜひ早めに売却もしくは活用を検討してください。
どのような手順で売却すれば良いかわからないという方は、不動産会社にご相談いただけばあらゆる内容をご案内することができます。
株式会社Renatusいいね不動産でも、空き家売却やその他、不動産に関するご相談を随時お引き受けしています。

▼まとめ
今後は高齢化がさらに加速していくと言われていますので、空き家の問題はどんどん顕著になっていくことでしょう。
空き家による周辺環境への悪影響を少しでも減らすために、今空き家を持っている方だけでなく、これから空き家になりそうな物件を抱えている方も、ぜひ早めに対処していってくださいね。

NEW

  • 八幡西区で空き家を買取りします

    query_builder 2021/06/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/05/25
  • 高齢化社会における「」の問題とは

    query_builder 2022/08/05
  • 二階建て住宅のメリットとデメリットについて

    query_builder 2022/07/03

CATEGORY

ARCHIVE